EDと勃起不全についてです。

まずはEDについての事です。
性交渉をするための十分な 勃起ぼっきが得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態を指します。最近ではED(Erectile Dysfunction)と呼ばれています。腟内射精障害は、勃起が得られ性交ができるにもかかわらず、腟内では射精できないもので、インポテンツの亜型と考えられています。日本では約500万人の患者さんがいると推測されています。

原因は何か

生まれつき、まったく勃起したことがない一次性のインポテンツと、一時的には可能であったがその後インポテンツになった二次性のインポテンツに分類されます。

一次性は、下垂体機能低下症などにより二次性徴が発現していない人にみられます。これに対し二次性のものは、20~40歳では新婚インポテンツなどの精神、 心因性しんいんせいのものが多いことが知られています。40歳以上では器質性、つまり加齢、慢性疾患(糖尿病、心臓病、動脈硬化、うつ病)、骨盤・膀胱や前立腺、直腸の外傷、手術などにより、勃起に関係する神経や血管が損なわれたことが原因です。

また、頭部・ 脊髄(せきずい)の病気や外傷によってもインポテンツになることがあります。そのほか、降圧剤、抗うつ薬、抗アンドロゲン薬を服用するとインポテンツになることがあります。
ここからは勃起不全についてです。

症状の現れ方

初めは時々勃起しなくなるだけですが、重症になると常時このような状態になります。
勃起不全(ぼっきふぜん、英: Erectile Dysfunction; ED)とは、男性の性機能障害(英: Sexual Dysfunction; SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態[1]、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態(日本性機能学会の定義)です。勃起機能障害、勃起障害、より一般的には陰萎、性的不能などとも呼ばれています。

概要
勃起困難、硬度不足などのほか、勃起の維持も診断の基準となっており、性交の途中であるにも拘らず性交渉の完了まで充分な勃起を維持できない症状、いわゆる「中折れ」もEDであります。

本症はかつてはインポテンツ(独: Impotenz、略称: インポ)と呼ばれるのが一般的でです。しかしながらその定義は「性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれか1つ以上欠けるかもしくは不十分な物」とされています。これは現在で言うところの性機能障害に相当する症状である。また、「インポ」は多分に侮蔑的な意味を含んでいるとも取られるため、現在の日本においてはその正確な表現として勃起不全、または英語の Erectile Dysfunction を略してED(イーディー)と呼ばれることが多いです。

EDに悩む人は、加齢に伴い増加傾向にある。器質性のEDは50代以上に多く見られるが、機能性(心因性)のものは若年層にも多く見られる。2010年現在、日本を始めとする先進国では健康寿命が長い傾向があり、年齢が上がっても性交をしたいと考える老年者が増えてきたことも、近年EDが注目される要因とも考えられています。白井将文が住民台帳からの無作為抽出で調査し、1998年、アムステルダムにおける第8回国際インポテンス学会で発表したデータによれば、その罹患率は40代前半16%、40代後半20%、50代前半36%、50代後半47%、60代前半57%、60代後半70%、です。

また、「成人男性の健康と性に関する調査委員会」の報告に拠れば、20歳から39歳という若年層の4.7%が勃起不全を訴えています。

かつては患者が非常に言い出しにくい症状であり、治療も困難であったが、後述する「バイアグラ」の出現以降、患者と医師が協力して、また同時に特にパートナー(妻)の助けも必要とせず、患者単体で治療に当たれる事から、患者もより積極的に治療に当たれる体勢が整いつつあります。

性機能障害と勃起不全

勃起不全 (ED) はしばしば性機能障害 (SD) と同一視されるが、SDは「性欲、勃起、性交、射精、オーガズムの一つでも欠けるか不十分なもの」と定義されており、EDはSDの一つに過ぎません。また広義での男性不妊症と捉えられがちであるが、2010年現在は男性の体内からの精子採取による人工授精などが可能であり、また、不妊症は「正常な性行為を一定期間続けても妊娠に至らない」ケースを指すため、正常な性行為を行い得ない本症は厳密には男性不妊症には該当しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です